ふっくらした美バストを手に入れるのは30代ではもう遅い!?

30代になると気になりだすのが、体型の変化。お腹や背中によぶんなお肉がついてきたなーなんて感じる人も多いのではないでしょうか。

ただ、正直言って、お腹や背中のお肉はちょっと頑張ってダイエットや運動をすれば落とすことはまだまだ可能です。もちろん20代のころよりは時間や労力がかかるかもしれませんけどね(笑)

太った・太らないという体重関係以外だと、バストの変化というのも30代の女性にとっては大きな体型の変化のひとつにあげられます。バストのハリがだんだんと失われて、しぼんで、垂れてくる。。。お腹についた脂肪を落とすよりも、バストのハリを取り戻す・垂れを改善するというのはかなり大変なんですよね。

もしかしたら、もうすでに諦めてしまっている人もいるかもしれません。バストの変化が原因で、彼氏や旦那さんと疎遠になってしまった、なんていう例も多数あるくらいです。しょぼくなったバストを見られるのが恥ずかしくて裸になれないという深刻な問題にまでなってくるんです。それほど、バストというのは女性にとって大きな意味を持つものなんですよね。

ただ、お腹の脂肪をとるのと比べて確かに難易度は高いのですが、それでもバストだって私たちの体の一部であることに変わりはありません。対策をしっかりすれば、少しずつ以前のバストのようなハリを取り戻すことは可能なんです。

垂れてしぼんだがっかりなバストから、ふっくらした美バストに戻すためにはどういった方法が有効なのでしょうか。

まず第一に、バストに限らず私たちの肌は年齢とともにハリを失っていくのは仕方がないことです。10代のころのピッチピチの肌やバストに戻すというのはまず諦めた方がいいでしょう。

ただ、今のしぼんだバストから変身させることは可能です。まずやるべきことは、女性ホルモンの働きを活発化させること。特に30代の体は、ホルモンバランスが乱れ始める時期です。女性ホルモンの分泌が減って、それによってバストの乳腺が衰え、バストがしぼんでしまっているという可能性が高いからです。ただ、女性ホルモンの分泌量を増やすといっても自分でコントロールするのは正直難しいです。そこで、代用品となるものを使うというのがベスト。

つまり、女性ホルモンと同じような働きをする成分を体内に取り入れることで、女性らしいボディラインを手に入れる⇒その先にバストアップが見えてくるというわけです。

女性ホルモンと同じような働きをする成分には、イソフラボンやエクオールなどがありますね。これらは食べ物から摂取することができます。一番代表的なのは、豆乳などの大豆製品。イソフラボンが豊富に含まれています。ほかにも、納豆や豆腐など、大豆でできている製品にはイソフラボンが含まれていますので、積極的に食べるようにするといいでしょう。もちろん食べ過ぎは厳禁ですが。一気にたくさん食べればそれだけバストへの効果も早く出るというわけではありませんので、毎日少しずつ食べる(飲む)ことが大事です。継続こそ力なりですね。

また、30代で美バストを手に入れたいなら、ぜひ実践してほしいのがナイトブラの着用です。就寝時にノーブラの人は多いと思うのですが、実は寝ている間にもバストは横へ下へと動き回っているのです。このせいで、バストにあるべきお肉は流れてしまい、脇などよけいなところにお肉がついてしまって、肝心のバスト部分からはお肉がどんどん減っていくという事態になるんです。もし今あなたの体型が、「脇や背中にお肉がついている」「バストの上部が特にまったいらで貧相になっている」のであれば、こうした夜のバストケアが不十分なせいでバストが垂れたりしぼんだりしている可能性が高いです。

反対に、適切なナイトブラで適切なケアをしてあげれば、バストのダメージを防いで元のような形に近づけることもできるということ。

このとき注意してほしいのが、夜つけるブラは昼につけるブラとは求められる機能性がまったく異なるので、昼用のブラを夜に流用してはいけないということ。昼用のブラをそのままつけると、反対にバストの形を損ねたり、体調にも悪影響を与える恐れもあるからです。

夜には夜専用のナイトブラをつけることで、しっかりとバストを守って形を整えながらも、締め付けがきつすぎずに快適な睡眠をとれるようになるはず。快眠はバストへのプラスの影響もありますので、一石二鳥ですね。

30代におすすめのナイトブラで色んなナイトブラを比較してみるといいでしょう。

機能性が高いものを選ぶことが何よりも大事です。

30代でもバストをきれいに整えて、ハリがあるふっくらバストにすることはまだまだ可能です。諦める前にもう一度だけバストにいいことを試してあげてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です